最近、私もけいこも体調不良が続き、健康を考えた場合、一番重要な事は、食生活よりストレスなんじゃないか?って話をしています。

 

何故そう思うかと言うと「病は気から」って言うし、実際に気持ちが体に及ぼす影響は計り知れないと思います。

タバコは数千の有害物質を含んでいると言われている訳だけど、タバコを吸う人のタバコで受ける害と、タバコを吸わない事で受けるストレス…

 

      yu7889.jpg

 

つまり

タバコで受ける体へのマイナス > タバコを吸う事で得られるストレス発散での体へのプラス

タバコを吸わない事での体のプラス > タバコを吸わない事でのストレスで受けるストレス性のマイナス

 

そう考えると、健康を気にしてストレスを溜めて病気になるよりも、あまり健康を気にしないで体に悪いものでも摂取する事でストレス発散になっている人の方が実は「健康的」と言えるんじゃないのかな?って思ったわけで(笑)

 

お酒なんかも、飲み過ぎは絶対に良くないと思うけど、それでもストレス発散になるんであれば、体には良い気がするんです

だから健康を気にしてストレスを感じる事があるとしたら、それは本末転倒というか、逆に不健康な結果しか生まないと思います。

 

例えば無理して走るとか、無理してダイエットとかもそれで痩せても絶対リバウンドしたり、マイナスで跳ね返って来る気がするしね。もちろん、健康を維持するために、長続きが大事だと思いますが、ストレスをためないために、敵的に「一日の休み」を設けた方がいいかもしれません。何もせずにフジテレビドラマでも見て、ゴロゴロするとか、とりあえず、自分を追い詰めないようにバランスを取った方がいいと思います。

 

と言う訳で

ストレス発散に、美味しい物を食べて、体に悪いもんでもガンガンやって気分がスカーッとするならやるのが「一番の健康法」なんじゃないかと思います。このようなことをけいこに話したら、彼女が笑って、やはり人って無理をすれば、長続きできないものだから、自然体でいることが大切って言います。

 

まだまだ、元気でいたいですね。けいこと、おばあちゃんになっても、親友でいたいですね。